So-net無料ブログ作成

北沢防衛相が仲井真沖縄知事と会談=普天間移設めぐり(時事通信)

 北沢俊美防衛相は2日昼、沖縄県の仲井真弘多知事と都内で会い、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題をめぐり意見交換した。これに先立ち、北沢防衛相は記者会見で、「沖縄あるいは国内全体の基地に責任を持つ防衛省として、知事の意見をよく聞きたい」と述べた。
 北沢防衛相は3月末に同県を訪問した際に、仲井真知事と会談。「できる限り頻繁に会って状況報告したい」と伝えていた。
 平野博文官房長官は1日夜、仲井真知事と会談したが、米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)への移設案や、米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)のある勝連半島沖合を埋め立てる移設案など具体案は示さなかったとされる。仲井真知事は重ねて北沢防衛相に政府の検討状況の報告を求め、「県外移設」を主張したとみられる。 

【関連ニュース】
普天間、「腹案」で調整開始=鳩山首相
岡田外相が帰国
防衛相が沖縄知事と会談へ=普天間移設めぐり
政権への不信鮮明に=普天間、程遠い「地元了解」
ホワイトビーチ案「中止させたい」=うるま市民ら、鳩山首相に直訴へ

普天間、「腹案」で調整開始=鳩山首相(時事通信)
服役中の男に死刑求刑=薬局経営女性の強盗殺人−大阪地裁(時事通信)
「日本政府規制に乗り出すべき」 CNN「ヘンタイゲーム」批判特集(J-CASTニュース)
入学祝い“甘〜いランドセル” 季節限定ケーキ(産経新聞)
与謝野新党「週明けにも決めたい」…藤井元運輸相(読売新聞)

<銀河鉄道999>北九州の空へ モノレール開業記念(毎日新聞)

 北九州モノレール(北九州市)で27日、地元出身の漫画家、松本零士さんの代表作「銀河鉄道999」のキャラクターを描いた車両の運行が始まった。開業25周年事業の一環。小倉駅で出発式があり、1日駅長に任命された松本さんは「本物の車両に『999』を描けて感無量」と話した。

 モノレールを運営する北九州高速鉄道が「銀河鉄道に乗っているような気分を味わってほしい」と松本さんにデザインを依頼した。その名も「銀河鉄道999」号(4両編成)で、登場人物のメーテルや星野鉄郎が各車両(高さ5メートル、長さ15メートル)の側面全体に描かれている。運行は3年間を予定しており、「銀河鉄道999乗車券」(2枚1組1200円)の販売も始めた。

 出発式で松本さんは「小倉で育たなければ今の仕事をしていなかった。自分の通学路で夢が実現した」とあいさつし、記念車両にサインした。地元の児童合唱団がアニメ版の歌を合唱する中、松本さんの笛を合図に発進。アニメそのままにビルの間をすり抜けるように走り去った。【河津啓介】

【関連ニュース】
注目リリース:アニマックスなど、「アニマックススペシャルくじ 銀河鉄道999」を発売
遊ナビ・アート館:ゴダイゴのロック絵巻 東京芸術劇場大ホールで来月24日 /東京
蓮舫参院議員:“必殺仕分け人”に森迫永依は「かっこいい」 劇場版アニメ「よなよなペンギン」試写
銀河鉄道999:1000年に1度の「999」の日 SL特別列車運行 静岡・大井川鉄道
杏:メーテルのコスプレで登場 松本零士「鉄郎になった気分」 銀河鉄道999映画祭

記念電車ヘッドマークデザイン募集 島根・古代出雲歴史博物館(産経新聞)
<地下銀行>30億円送金 ベトナム人男女4人を容疑で逮捕(毎日新聞)
労組事務所を使用不許可=「市民の場に利用」と説明−鹿児島県阿久根市(時事通信)
少年2人を家裁送致=石巻3人殺傷事件−仙台地検(時事通信)
<続報>武装勢力が中国漁船を襲撃=人質7人の身代金に1万5000ドル要求―カメルーン

政倫審へ小林議員 招致を自公が要請(産経新聞)

 自民、公明両党は24日、衆院政治倫理審査会の中野寛成会長に対し、北海道教職員組合をめぐる政治資金規正法違反事件で陣営幹部が起訴された小林千代美民主党衆院議員を政倫審に招致するよう申し入れた。中野氏は「与党に伝える」と述べるにとどめた。公明党の山口那津男代表は同日の記者会見で、自民党が検討している小林議員辞職勧告決議案の提出について「本人が政倫審で説明責任を果たし、民主党が自浄能力をどう果たすかを見極めた上で検討したい」と述べた。

「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)
鳩山首相、敵地攻撃「違憲でない」=参院予算委で集中審議(時事通信)
郵政改革「最終案」で首相、閣僚懇で調整(読売新聞)
「AKBがいる」「ジャニーズが…」飛び交うデマに原宿は騒然 (産経新聞)
<自民党>公明と溝、予算早期成立を許す 存在感示せず(毎日新聞)

「新人仕分け人」案、1日で幻に=首相要請に党側が難色(時事通信)

 政府が4月下旬から開始予定の「事業仕分け」第2弾をめぐり、鳩山由紀夫首相が小沢一郎民主党幹事長に求めた新人議員を仕分け人に起用する案が、わずか1日で立ち消えの方向となった。小沢氏ら執行部が難色を示したためだ。
 首相は24日の政府・民主党首脳会議で「(衆参両院の)1期生を総動員して、独立行政法人、公益法人見直しに力を貸してほしい」と提案、記者団に「基本的にオーケーをいただいた」と説明した。ところが、25日夕には「(新人議員に)仕分け人になれと言っているわけではない」と発言を後退させた。
 小沢氏は同日午後、福岡市内での記者会見で「1年生143人(全員)が政府のポジションに入れるわけもない」と指摘。これに先立ち、山岡賢次国対委員長が国会内で平野博文官房長官に、新人議員は事業仕分けに直接関与させない方針を伝えた。小沢氏と距離を置く議員からは「小沢執行部が、チルドレンに手を突っ込まれるのを嫌ったのだろう」との見方も出ている。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

橋下知事「北朝鮮から批判され光栄」(読売新聞)
<自民>議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に(毎日新聞)
木工工場から出火、作業所や民家など7棟焼く(読売新聞)
民主・生方議員、街頭演説で小沢氏辞任求める(読売新聞)
「車中泊」で節約旅、シルバー世代に広がる(読売新聞)

第1波で荷崩れ、2波で傾斜拡大か=三重県沖のフェリー座礁−運輸安全委(時事通信)

 三重県御浜町沖で昨年11月、フェリー「ありあけ」(7910トン)が右側に大きく傾いて座礁した事故で、船体が最初の大波で約25度傾き、荷崩れを起こして復原力を失い、次の大波で約40度傾いた可能性があることが24日、運輸安全委員会の調査で分かった。安全委は、積み荷の固定方法や床面の滑り止め処理が適切だったかなどを含め、詳しく調べる。
 安全委は、気象状況や船の速度などを基に、当時の船の状況を計算。また、現場で積み荷の状態を調べるなどした。
 その結果、ありあけは、まず左舷側後方から高さ6.9メートル程度の大波を受け、その約24秒後に左舷側後方から高さ4.6メートル程度の波を受けた可能性があることが分かった。
 船内では、左舷側に並べてあったコンテナなどがまとまって右側に移動。固定していたチェーンには一部切れたような跡があった。
 また、船舶安全法に基づく基準では、コンテナなどを運ぶ際には床に滑り止め処理をすることになっているが、ありあけの床面にはさびや傷が目立っていたという。 

【関連ニュース】
安全委にエレベーター部会=来年にも法改正、遺族に報告
「安全管理体制立て直しを」=JR西に根本的対処求める
滑走中に操縦系統に異常か=NZ航空機の離陸中止
特急衝突、乗客ら41人けが=ダンプがスリップ、踏切に
双方の見張り不十分が原因=境港沖の衝突沈没事故

4月から転居確認強化=AKB48事件で郵便事業会社(時事通信)
<生方氏解任>閣内「収拾」の思惑 批判を抑制(毎日新聞)
平成22年度予算24日に成立 民、自両党が本会議採決で合意(産経新聞)
遺体取り違え解剖=公表せず−東京都監察医務院(時事通信)
「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で−長妻氏(時事通信)

検知管すり替え、警部補が呼気検査ミス隠し(読売新聞)

 飲酒運転の呼気検査でのミスを隠すため、証拠物の「アルコール検知管」を自分の呼気を入れたものとすり替えたとして、広島県警は18日、広島中央署の男性警部補(57)を証拠隠滅容疑で書類送検した。

 また、減給10分の1(3か月)の懲戒処分とした。

 発表によると、警部補は昨年10月16日、自分が呼気検査した男性の検知管を交通課から持ち出し、別の検知管にすり替えて隠した疑い。

 警部補は14日、アルコール分を検出した検知管を証拠物として交通課に提出し、その際、測定時より数値が上がっているのに気づいた。このため、自らが自宅で飲酒し、予備の検知管で元の数値に合うように測定したという。

 交通課員が検知管を入れた封筒に開けられた跡があることに気づき、発覚した。検知管のキャップの閉め方が不完全な場合などに、空気が入って数値が変わることがあるといい、警部補は「以前にも同じようなミスをして注意を受け、信用をなくすと思った」と話しているという。

ネット違法情報 削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁(毎日新聞)
<強風>21日夕にかけて20メートル超す風も(毎日新聞)
「三原則順守、米に無理強いしない」岡田外相(産経新聞)
大阪桐蔭ナイン ニュー甲子園初練習(産経新聞)
<人事>防衛省(毎日新聞)

和泉の不明中2女子 東京で無事保護(産経新聞)

 今月3日から行方がわからなくなっていた大阪府和泉市の中学2年の女子生徒(14)が、東京都内で無事保護されたことが12日、和泉署への取材で分かった。

 和泉署によると、11日午後8時45分ごろ、東京都中野区内の飲食店から「女子生徒とよく似た少女がいる」と通報があり、警視庁野方署が保護した。女子生徒は健康という。

 女子生徒は3日午後10時過ぎ、自宅近くの塾を自転車で出たまま行方が分からなくなっていた。

ガラス割れ、バンパーは外れていた…暴走トラックは向かって来た (産経新聞)
公明、再び与党の道へ 民主と子ども手当修正合意(産経新聞)
11年度引き下げに意欲=中小企業の法人税−仙谷国家戦略相(時事通信)
「職業指導」義務化 模索する大学 専門教育との融合課題(産経新聞)
トキ「観察用ケージ」白紙、安全性再検討へ(読売新聞)

覚醒剤注射・放置の強盗致死被告2人に懲役23年(産経新聞)

 昨年6月、アルバイト、中村隆志さん=当時(25)=を拉致して覚醒(かくせい)剤を打ち山中に放置して死亡させたとして、強盗致死や営利目的誘拐などの罪に問われた無職、吉松徹被告(22)と増田弘樹被告(22)の裁判員裁判の判決公判が16日、東京地裁で開かれた。藤井敏明裁判長は両被告にそれぞれ懲役23年(いずれも求刑懲役25年)を言い渡した。

 藤井裁判長は注射した行為は、被告が強盗犯人として捕まらないための強盗に伴う行為だったとして、強盗致死罪が成立すると述べた。被告側は起訴内容を大筋認めた上で、強盗致死罪について強盗罪と保護責任者遺棄致死罪を適用するよう主張していた。

 判決によると両被告は無職、橋本遥被告(24)=強盗致死罪などで起訴=らと共謀、昨年6月27日夜、東京都渋谷区の路上でバイト先に向かっていた中村さんを車で拉致。車内で暴行しキャッシュカードなどを奪って28日未明、埼玉県秩父市内の山中に放置して死亡させた。

【関連記事】
時効直前逮捕の強盗致死事件で遺族が検審申し立て 水戸地検
強盗致死の被告が控訴「予想より刑重い」
時効直前の強盗事件で男ら3人逮捕 茨城
男7人を強盗致死容疑で再逮捕 東京・板橋の男性拉致
「遺体を薬品で溶かした」捜索で歯など発見 会社社長強盗致死
20年後、日本はありますか?

JAYWALKとの契約解除 所属レコード会社(産経新聞)
公明、再び与党の道へ 民主と子ども手当修正合意(産経新聞)
第一三共が中期経営計画を策定(医療介護CBニュース)
柳沢伯夫氏 城西国際大学学長に 政界引退、4月から(毎日新聞)
甲子園歴史館にゆかりの品寄贈 “球児の母”尼宝館元女将(産経新聞)

<養育放棄>3割が無職 経済格差も背景(毎日新聞)

 児童虐待をした親や保護者について全国児童相談所長会(会長・丸山浩一東京都児童相談センター所長)が調べたところ、全体では2割が無職だったのに対し、ネグレクト(養育放棄)をした親などに限っては3割が無職で、1.5倍に上っていることが分かった。非正規雇用の割合も全体では19%だったのにネグレクトでは26%。親たちの経済格差がネグレクトにつながっている疑いが浮かんだ。【野倉恵】

 調査は08年4月の改正児童虐待防止法施行などを受け、同所長会が実施。同月から08年6月にかけ、全国197カ所の児童相談所のうち195カ所が虐待として対応した8108人について集計した。加害者は実母4308人▽実父2102人▽養父309人▽母の内縁の夫や交際相手203人−−など。

 加害者側の就労状況を見ると、食事を十分与えないなど子の世話をしないネグレクトや、身体的、性的、心理的な虐待を合わせた全体では、正規就労が30.2%▽無職20.4%▽非正規雇用19.2%−−の順。しかし、ネグレクトに限れば無職が30.9%▽非正規雇用26.4%▽正規就労19.3%。無職と非正規雇用の合計は6割近くに達し、全体に比べて1.5倍だった。

 虐待の背景とみられる家庭状況(複数回答)は、8108人全体では経済的困難33.6%▽親たちの心身状態に問題がある31.1%▽ひとり親家庭26.5%。一方、ネグレクトに限ると、経済的困難54.1%▽ひとり親家庭41.1%▽親たちの心身状態に問題がある33.8%。全体では3分の1だった経済的困難が、ネグレクトでは半数を超えていた。

【関連ニュース】
<奈良・桜井の5歳児餓死>生後数カ月で虐待か 当時、耳たぶ内出血
<奈良・桜井の5歳児餓死>「私が母でなければ」 真朱容疑者、泣きじゃくり供述
<奈良・桜井の5歳児餓死>逮捕の母、夫から暴力 「顔似てる」虐待引き金か
<兵庫・三田の女児虐待>事件前も「異様な怒り」 複数目撃、女児を強く揺さぶる
<蕨・4歳児衰弱死>「緊急性ない」なぜ 児相「会えない」日常化 /埼玉

赤坂被告「強くなりたい」 初公判に高い関心、傍聴希望140人超す(産経新聞)
市章が逆…1年半そのまんま 藤沢市保健所の営業許可書(産経新聞)
<日本航空>再生へ決意 痛み受け止め「離陸」(毎日新聞)
普天間移設、防衛相に「県外」要求…沖縄県議団(読売新聞)
「別れさせ屋」に懲役15年=離婚させた交際相手殺害−東京地裁(時事通信)

不足授業数500時間! 卒業赤信号、無資格講師が授業(産経新聞)

 国家資格である柔道整復師や鍼灸師を養成する静岡医療学園専門学校(静岡市駿河区、赤羽勝雄校長)が、平成16年度から19年度にかけて、講師の資格を持たない約10人に授業を担当させていたことが分かった。厚生労働省東海北陸厚生局が週内にも立ち入り調査して指導する。

 同校では、解剖学や一般臨床医学などを資格のない講師が教えていた。

 同局によると、同校の卒業生約145人に補講が必要で、補講時間数は1人当たり150時間から500時間になるという。大半の卒業生がすでに開業するなどしており、同局では「卒業生はすでに国家試験にも合格しており、免許の取り消しは考えていない」と話している。

 同校では20年7月にも無資格の講師1人が授業を担当していたことが発覚して厚生労働省が指導に入っている。この指導の際に「過去にも同様の事例がある」との情報が寄せられたことから、同局で調査を続けていた。

 同校は赤羽校長名で「まだ東海北陸厚生局による調査が進められている段階なので、コメントは差し控えたい。今後の調査には真摯に対応します。現在は“不適切授業”と指摘される状況にはありません」とのコメントを出した。

【関連記事】
医師でないのにしみ取り 美容機器販売社長を再逮捕
無資格で現金運ぶ 警備会社に停止処分
フグ中毒で業者を書類送検「卵巣に毒があるとは…」
無資格でまゆげ植毛疑い 女を書類送検 京都
吉原ソープ街で無資格性病検査 放射線技師逮捕

京橋花月 吉本・辻本座長と松竹・渋谷代表“歴史的共演”(毎日新聞)
新国立劇場の大道具、野積みでカビや腐食(読売新聞)
新幹線「のぞみ」白煙、歯車箱内側から破損か 全632車両を緊急検査(産経新聞)
鳥取不審死、元ホステスを強盗殺人容疑で再逮捕(読売新聞)
「病腎移植について理解してもらいたい」病腎移植で万波医師(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。