So-net無料ブログ作成
検索選択

<養育放棄>3割が無職 経済格差も背景(毎日新聞)

 児童虐待をした親や保護者について全国児童相談所長会(会長・丸山浩一東京都児童相談センター所長)が調べたところ、全体では2割が無職だったのに対し、ネグレクト(養育放棄)をした親などに限っては3割が無職で、1.5倍に上っていることが分かった。非正規雇用の割合も全体では19%だったのにネグレクトでは26%。親たちの経済格差がネグレクトにつながっている疑いが浮かんだ。【野倉恵】

 調査は08年4月の改正児童虐待防止法施行などを受け、同所長会が実施。同月から08年6月にかけ、全国197カ所の児童相談所のうち195カ所が虐待として対応した8108人について集計した。加害者は実母4308人▽実父2102人▽養父309人▽母の内縁の夫や交際相手203人−−など。

 加害者側の就労状況を見ると、食事を十分与えないなど子の世話をしないネグレクトや、身体的、性的、心理的な虐待を合わせた全体では、正規就労が30.2%▽無職20.4%▽非正規雇用19.2%−−の順。しかし、ネグレクトに限れば無職が30.9%▽非正規雇用26.4%▽正規就労19.3%。無職と非正規雇用の合計は6割近くに達し、全体に比べて1.5倍だった。

 虐待の背景とみられる家庭状況(複数回答)は、8108人全体では経済的困難33.6%▽親たちの心身状態に問題がある31.1%▽ひとり親家庭26.5%。一方、ネグレクトに限ると、経済的困難54.1%▽ひとり親家庭41.1%▽親たちの心身状態に問題がある33.8%。全体では3分の1だった経済的困難が、ネグレクトでは半数を超えていた。

【関連ニュース
<奈良・桜井の5歳児餓死>生後数カ月で虐待か 当時、耳たぶ内出血
<奈良・桜井の5歳児餓死>「私が母でなければ」 真朱容疑者、泣きじゃくり供述
<奈良・桜井の5歳児餓死>逮捕の母、夫から暴力 「顔似てる」虐待引き金か
<兵庫・三田の女児虐待>事件前も「異様な怒り」 複数目撃、女児を強く揺さぶる
<蕨・4歳児衰弱死>「緊急性ない」なぜ 児相「会えない」日常化 /埼玉

赤坂被告「強くなりたい」 初公判に高い関心、傍聴希望140人超す(産経新聞)
市章が逆…1年半そのまんま 藤沢市保健所の営業許可書(産経新聞)
<日本航空>再生へ決意 痛み受け止め「離陸」(毎日新聞)
普天間移設、防衛相に「県外」要求…沖縄県議団(読売新聞)
「別れさせ屋」に懲役15年=離婚させた交際相手殺害−東京地裁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。